毛抜きで指毛を処理するデメリット

指毛というのは、毎日そっていてもすぐに生えてきてしまい、嫌になってしまうという方も多いのではないでしょうか。 ですので、かえって見た目がきたなくなってしまう場合があるのです。 脱毛後用のろーションなどでのケアが必須であるといえるでしょう。 そうしたとき、毛ぬきで抜いてしまえばしばらくは生えてこなくて楽なんじゃないかと思われるかもしれません。 ですが、毛ぬきでのしょりは、その後のケアをきちんとしなければ、抜いたあとの毛穴にばい菌がはいって炎症となってしまう場合があります。 また、毛を抜いてしまうと、つぎに生えてきた毛が肌の中に埋まってしまい、どんどん毛穴がふくらんできてなかなか生えてこないということがおこりやすくなります。 そして、毛をぬくことによって刺激された毛根が、さらに無駄毛を強くし、どんどん濃くなっていってしまうという悪循環もうまれてしまいます。 そうしたデめりっとを考えると、毛ぬきで抜いてしまうのは、なかなか考え物であるといえるかもしれません。 どうしてもぬきたいという場合には、抑毛ろーションなどと併用してだんだん毛が薄くなるようにしていかれると良いでしょう。